コンセプト

本場ナポリの2大ピッツァ協会も認めた!国内でも希少な本格ピッツェリア

本場イタリア・ナポリに本部を置く、2つのナポリピッツァ協会の厳しい審査に合格し認定を受けた、国内でも希少なピッツァイオーロ(職人)・三橋が作る、真のナポリピッツァをお楽しみいただけます。

ロゴ

①真のナポリピッツァ協会(通称:AVPN)
2015年「真のナポリピッツァ協会職人」認定試験 合格
設立:1984年6月
古くから伝わる職人の伝統技術を再評価し後世に残す為、ナポリの職人達が立ち上げた協会。「真のナポリピッツァ作り手順国際ガイドライン」も制定。

②ナポリピッツァ職人協会(通称:A.P.N)
2016年「ナポリピッツァ職人協会認定職人」認定試験 合格
設立:1998年7月
店舗経営者との連携のもと職人として働きやすい環境を築き、ナポリピッツァ職人の技術・知識・地位の向上を図り、全世界に広めていく協会。

製法はシンプルでありながら、生地と職人の技術、窯の温度のバランスによって味や表情が変化するのが、ナポリピッツァの醍醐味といえます。
私たちは、ナポリに古くから伝わる職人の伝統技術を忠実に守りながら、常に進化し続けることを大切にしています。

本場のレシピを守り、伝統的製法に基づくナポリピッツァ

  • レシピ1

    生地には小麦粉・水・塩・酵母のみを使用。香りや味が引き立つよう、厳選した素材を使用しています。余計なものは入れず、生地そのもの、小麦の香りをお楽しみください。

  • レシピ2

    「手だけを使って生地を伸ばすこと」は、ナポリピッツァを作る上で絶対条件。発酵させた生地に含まれているガスを、外側の縁(ふち)へ寄せていくイメージで、少ない回数で素早く伸ばすのがポイント!

  • レシピ3

    具材をのせた生地を、薪窯で高温で一気に焼くのも"真のナポリピッツァ"の条件のひとつ。薪窯は本場・ナポリの名店からも高い評価を得る「ジャンニ アクント社」製を使用。

  • レシピ4

    卓越した職人技と本格薪窯でなせる、サクッとしつつもモッチリとした焼き立てナポリピッツァ。人数や状況に合わせてお好みの数量でカットいたします。

一切の妥協なく、常に最高の1枚を日々探求

ピッツァの柱となる水牛のモッツァレラチーズ(ブッファラ)は、イタリア・ナポリから空輸した新鮮水牛のミルクを100%使用しております。厳選した素材の味を最大限に生かし、ミルキーで濃厚な旨味が広がるモッツァレラチーズです。

イメージ写真

食材からこだわった絶品『マルゲリータD.O.C』

中でも注目のピッツァは、『マルゲリータD.O.C』。イタリア・ナポリで設立された「真のナポリピッツァ協会」の厳しい審査に合格した、伝統的かつ正統派の一枚です。高温の薪窯で短時間で焼き上げます。サクッとしてふんわりした生地、チーズのもっちりとした食感。この一品をぜひご堪能くださいませ。

イメージ写真

ピッツァイオーロ(ピッツァ職人)の紹介

料理長写真

<カポピッツァイオーロ(料理長)>
三橋 亨(みつはし とおる)

1985年 宮城県気仙沼市出身
2005年 東京誠心調理師専門学校 卒業

世界三大漁港を身近に置く環境に育ち「釣った魚を美味しく食べたい」と思い、料理の世界へ足を踏み入れる。「陽気で開放的な雰囲気」に惹かれ、イタリアン料理の道を歩む決意し、仙台市内にあるリストランテでイタリアンの基礎を学び、現在に至る。
ピッツァの世界には、震災をきっかけに入り、真のナポリピッツァ協会による石巻での炊き出しなどにも参加した。

Message

「真のナポリピッツァ」らしいピッツァをここから発信し、多くの方にその美味しさを味わっていただきたいです。同じ「真のナポリピッツァ協会認定店」でも、ピッツァイオーロによってこだわりや作り方が微妙に異なり、味や風味にも個性がでてきます。私はイタリアで食べたピッツァを目指した味を生み出すため、日々努めています。食材選びから水の硬度までこだわり、生地のバランス、具材とのコラボレートをどのように表現していくかが今後の課題だと思っています。

賞歴

2018年 7月

第3回ツジ・キカイ チンクエチェントカップ 優勝

賞歴写真

3月

第5回ナポリピッツァ職人世界選手権日本大会
「S.T.G部門」 2位

賞歴写真

2017年 8月 第2回ツジ・キカイ チンクエチェントカップ500 4位
  • 調理スタッフ3

    <セコンドピッツァイオーロ>
    畠山 駿(はたけやま しゅん)

    イチオシメニュー:フリット盛り合わせ
    『本場・ナポリの定番メニューを味わえます。揚げたてでサクサクもちもちのフリット盛り合わせを、ぜひ熱いうちにボナペティ―ト!また、ピッツァは石窯に入れてから約1分~1分半で焼き上がります。目の前で生地を伸ばし窯で焼き上げるライブ感も必見です。
    南イタリアの雰囲気を当店で堪能すれば、プチ旅行気分になること間違いなしです!』

  • 調理スタッフ2

    <ピッツァイオーロ、クオーコ>
    佐々 雄一(ささ ゆういち)

    イチオシメニュー:前菜の盛り合わせ
    『本場・ナポリらしい前菜の盛り合わせです。ナポリでは定番の料理を、その時々の旬の食材を生かして一品一品丁寧に仕上げております。シンプルですが、しみじみ美味しいと感じる料理ばかりです!是非お試しください。』

  • 調理スタッフ3

    <ピッツァイオーロ>
    平間 拓大(ひらま こうだい)

    イチオシメニュー:アンティキサポーリ
    『ナポリの名店ダ・ガエターノの名物ピッツァ。ルッコラの苦味と燻製モッツァレラの香りがくせになります!ひと口食べればナポリを感じて頂けるとこと間違いなしです!』

  • ナポリの日常をイメージした内装で、肩肘張らずに本場の味を

    コンセプトは南イタリアのリゾート地。カジュアル過ぎず、決して畏まらず食事を楽しめる雰囲気づくりを心がけています。
    また、開放的な気分で食事を楽しめるテラス席もご用意しています。
    テーブル・ベンチなど当店こだわりの家具はイタリア・ポタジーノから直接買い付けております。
    カンパーニャ州を中心にしたイタリアワイン、そしてワインとピッツァとの相性が良い前菜も合わせてお楽しみください。

    ホールスタッフの紹介

    店長写真

    <カポカメリエーレ(店長)>
    齋藤 好浩(さいとう よしひろ)

    1981年 山形県山形市出身
    2001年 国際マルチビジネス専門学校卒業

    2001年に勝山企業株式会社へ入社。これまで、リストランテ パドリーノ・デル・ショーザン、宴会サービス(艮陵会館)、旧三越店に配属。接客・サービスの経験を積んだのち、ピッツェリア パドリーノ・デル・ショーザンの店長に就任。現在に至る。

    Message

    開放感溢れる店内でゆったりとカジュアルに、本場・ナポリピッツァとピッツァに合うお飲み物で、お客様に楽しんでいただけるよう、日々スタッフ・職人と共に励んでおります。美味しい料理そして明るく元気なスタッフたちの笑顔にも、ぜひ会いに来てください。

    サービス写真

    <カメリエーラ(サービス)、バリスタ>
    歌川 佳(うたかわ けい)

    イチオシメニュー:しっとりババのレモンカスタード風味
    『ピッツァを存分に楽しんでいただいた後は、さっぱりとしたドルチェがオススメです。ナポリの名物・"ババ"は、本来スポンジ生地をお酒に漬け込んだ大人向けのドルチェですが、当店では老若男女召し上がれるような味にアレンジしました。ここでしか味わえない一品です!』