• 採用情報トップ
  • ご挨拶
  • 仕事紹介
  • 募集要項
  • キャリアパス
  • 組織図
  • 会社概要・沿革

レストランサービスの仕事

採用情報HOME > 仕事紹介 > レストランサービス

◆ PADRINO DEL SHOZAN

PADRINO DEL SHOZAN チーフ
佐々木 真耶(2007年入社)

宴会サービスで習得した
   経験とスキルを今に活かす。
学生時代、サービス業でアルバイトをしていたのですが、幅広い年齢層のお客様と会話をするのがとても楽しく、自分は接客業に向いていると実感しました。
最初はブライダルプランナーに憧れて入社したのですが、配属されたのは「宴会サービス」。そこでサービスのノウハウをしっかり学んだのち、「PADRINO DEL SHOZAN」のサービスに異動となりました。
料理のサーブやキッチンとホールをつなぐデシャップ、電話応対が主な仕事ですが、4年前からレストランウエディングの担当として任せてもらえるようになりました。
お二方への誘導や料理の声掛け、ウエディングの進行など、すべて1分1秒で全体のペースが変わってしまうので、現場での判断が非常に難しいと感じます。
ですが、担当したお客様が、後日プライベートや記念日に来店くださるととても嬉しくなり、仕事のやる気につながりますね。
お客様のありがとうの言葉や笑顔が、何よりの励み。一期一会の接客が、たくさんの学びを与えてくれています。
知識やスキルを上げる
   自己成長の機会を生かして。
「PADRINO DEL SHOZAN」で働く魅力は、料理がおいしいことはもちろんですが、普通のレストランには無いような貴重なワインがあり、それを扱うベテランの上司がいることですね。
本人の頑張り次第で、ソムリエを目指すことができる素晴らしい環境だと思います。
また、宴会・婚礼サービスを経て、営業やブライダルサロンに転属されることもあるのですが、身につけた一流のサービスは、本人にとって大きな強みになります。
入社して7年になりますが、勉強会や講演会に参加したり、さまざまな本を頂いたりなど、自己成長の機会を積極的に与えてくれる会社だと思います。自分には無い考え方やノウハウを働きながら学ぶことができることに、日々感謝しています。
今後は料理やワインに関する知識を増やし、後輩へアウトプットしつつ、より良い接客を行いたいと思います。また、常に口角を上げて笑顔を絶やさないように努めることも、私の大きな目標ですね。

◆ 日本料理 醇 泉 (じゅんせん)

日本料理 醇 泉(じゅんせん)
アシスタントマネージャー
設楽 麻未(2004年入社)

お客様の心に歩み寄る
   温かいおもてなしをめざす。
もともとブライダルの仕事に興味があり当社を志望したのですが、配属は「醇泉」サービスに。業務を通して和のおもてなしを学ぶうちに、だんだんと接客力が身についてきたように思います。
接客業では、相手の気持ちを汲み取りながら、思いやりの心を持ってサービスすることが大切です。
とはいえ、お客様のニーズや感じ方は人それぞれ。お客様からの声を待つだけではなく、自分から歩み寄っていくことも大切なことなのだと実感していますね。
お客様の状況や気持ちを素早く察しながら、気持ちの良いおもてなしができるように努めています。
人生の節目の瞬間に
   立ち会える喜びがある。
「醇泉」は、お食い初めから七五三、結納や結婚式など、人生の節目の瞬間に立ち会い、そのお手伝いをさせていただける場でもあります。人の一生を通してお付き合いさせていただき、また、地域に愛され続けてきたという深い結びつきを実感しますね。
300年を超える伝統と格式を重んじながら、常にお客様の満足を考え、新しいアプローチも取り入れていきたいです。
今年に入ってから、親方よりお茶の作法を教えていただいています。
日本料理でおもてなしする側として、より一層日本文化の素晴らしさを追求し、知識や教養を深め、後進の育成に努めたいと思います。

◆ PIZZERIA PADRINO DEL SHOZAN

PIZZERIA PADRINO DEL SHOZAN
佐藤 瑞希(2013年入社)

一流の接客サービスを知り、
   確実に身につけるために。
専門学校時代に「PADRINO DEL SHOZAN」のサービスをアルバイトで経験していたのですが、料理や空間、サービスがすべて上質であることに、とても憧れていました。
特にサービスの方々の立ち居振る舞いやお客様との和やかなコミュニケーションなどを間近でみて、「私もあのような一流のサービスマンを目指したい」と思い、入社しました。
今はピッツェリアにて、注文を受けたり、料理を運んだりといったサービスの部分を担当しています。
決まったマニュアルというものはないので、それぞれのお客様に合った適切なサービスを見極めることが一番難しいですね。
お客様から直接お褒めの言葉をいただいたり、「ありがとう」と感謝されることが仕事の原動力になっています。
チームワークの良さが魅力!
   仕事を通じて自己成長を図る。
「PIZZERIA PADRINO DEL SHOZAN」は「PADRINO DEL SHOZAN」や「醇泉」と異なり、カジュアルな雰囲気の中で気軽に本格ピッツァを楽しめる店です。
お客様との距離も近いので、楽しい場を作っていくことがサービススタッフの使命だと感じています。
入社4年目を迎え、アルバイトスタッフに教える立場になりました。商品やイタリアについての知識、基本的なサービスについてなど、わかりやすく教えるためにどう工夫すればいいのか、意識しながらサポートしていますね。
また私自身も、更なるスキルアップを図るため、レストランサービス技能検定1級の取得を目指しています。
当たり前にできていることをないがしろにせず、一つ一つ丁寧に施していきたいです。
職場は、年齢や入社歴に関わらず、普段の仕事に対する姿勢や取り組みが評価され責任あるポジションを任せていただけるので、自己成長や自信にもつながります。
従業員同士の仲が良いため仕事がしやすく、とても恵まれた環境だと思いますね。